フンコロ式でいこう!

まあ取り合えずコロコロ転がしてけば大丈夫、かな。

自分の身体よ こんにちは

ひょんなことから野口体操のことを思い出した。昨年、青山学院でワークショップデザインの講座で、体奏家の新井英夫さんの授業を受けた。音と体のシンクロや自分と他人とのシンクロを体感でき、とても興味深い内容だった。それらの授業が野口体操がベースと…

ステイ・カフェ

昨日につづき、おうちサウンドについて書こうと思う。自然の音を、家で聞きたくてネットで探していたら、面白いサイトを見つけた。「おと風景」だ。https://otofukei.com/ 作業するときの様々なBGMを無料で公開している。僕はカフェの音2時間(アメリカ・ノ…

ステイ・フォレスト

以前から家にいるときはよくネットラジオを流している。世界のネットラジオ局から好みの局を選んでいるのだが、これを聴くと既存のラジオには戻れない。仕事柄言いにくいが、CMやDJの語りが無く、ひたすら音楽が流れ続けるのがいい。しかも好みの分野を細か…

てんやわんやを活力に

今日も大学院の課題である古い日本映画を見た。渋谷実監督の「てんやわんや」だ。監督はもちろん、作品もまったく知らなかった。1950年の作品で佐野周二と淡島千景が主演だ。東京の出版社の社員である二人。社ではワンマン社長をめぐり、ストライキの最中。…

ごきげんマット

ヨガマットを新調した。写真の折りたたみタイプだ。厚みがあって、幅も広めだ。これまではよく見るロールできる薄めのタイプだった。が、膝とか立てるポーズだと正直痛い。しかもそもそも身体が固いのでポーズ自体がぎこちなく、狭いマットだと身体がはみ出…

使ってもうた

昨年の7月9日のブログで「やってもうた」と題し、こいつの購入話を書いた。やがてリビングのオブジェと化すだろうと。ところが、あに図らんや、いまや使いまくりとなっているから分からんもんだ。ステイホームで一番減るのが歩くこと。下半身の筋力、間違い…

リモート笑点?

なんと笑点までもがリモートになった。最初は師匠たちの位置を離して無観客でやっていたのだが、先週からはついにスタジオには昇太師匠のみ。各自、自宅からの参加となったのだ。どんなもんかなあ、と見始めたが、、、、。これはきつい。無理だなあ。見てる…

生まれてはみたけれどを見たけれど

大学院の講義で日本の喜劇映画の授業を取っている。そこで課題となったのが小津安二郎の「生まれてはみたけれど」だ。小津のデビュー作品で無声映画である。小津作品と言えば、「東京物語」や「秋刀魚の味」くらいしか見ていない。そもそも喜劇映画を撮って…

湿度と紫外線

どうにか非常事態宣言も解除になりそうだ。もちろんまだウイルスが消え去ったわけではないが、経済の回復を考えるともう限界とも思う。欧米諸国がまだまだ感染拡大がつづくなか、日本はさまざまな理由で幸運にも感染が収まってきたのは何よりだ。来冬の第二…

歯医者理論

誰に聞いたのか忘れたけど、歯医者理論って言葉をふと思い出した。歯が痛いときは、街を歩いていても歯科医の看板がやたらと目に入ってくるという意味。つまりあることを意識しだすと、関連するものに出会う確率が高まる、らしい。まあ話半分としても、アン…

送料とウォーキング

学校の授業が始まったら当然だけれど、なんやかんやと本が必要になった。講義ごとに教科書はないけれど、その分、読んでおくべき資料が要る。さらに論文用の資料となると、際限なく必要となりそうでクラクラしてくる。となると、できる限り、古本で手に入れ…

メシへの執念

娘がどーしても食べてみたい、というので日清のカレーメシを家族で食べてみた。CMもいつもの日清ワールド全開。アホ感満載で笑える。小学生にバカ受けのようだ。日清と言えば、チキンラーメン、カップヌードルと麺が主力商品。メシ、となるとちょいと畑が違…

地方症である

コロナ禍で、働き方、生き方、学び方、様々な様式のシフトチェンジが加速している。なかでもネットでホットなのが、定住地の見直しだ。リモートワークを実際にしてみると、東京都心に行く必要性が必ずしもないことが見てきた人も多い。もともと、湘南だった…

ヨガ良か余暇

思いっきり運動不足である。一時体調も悪かったこともあり、ステイホームでもあり、もうダメダメな身体である。ラジオ体操とスクワットマジックと散歩をマル必としていたけれど、天気が悪いと散歩が中止となってアカン。ずっと籠もっているうちに、心の方も…

親方がいること

一個前のNHK朝の連ドラ「スカーレット」は、わりとサラッと終了した。あっけないくらい、サラサラっと。したがっていつも自分に起きる連ドラロスは、きわめて少なかった。これまでの朝ドラのなかでもかなりお気に入りだったので、これはロスはきついだろうな…

ノヴァヤゼムリャ?

先月一週間ほど寝込んだのだが、終日部屋で寝てるだけであったので、基本的に暇だった。当たり前と言えば当たり前だが(笑)。僕がこもった部屋は、実は娘用の部屋。リフォームした時に、その部屋の壁紙を世界地図にした。なので、籠もっている間、起きてる時…

微熱中年

4月6日からブログを一旦休載した。実は前日の夕方から37度4分の発熱があったのだ。ただの風邪だろう、と思ったが、翌日も微熱は引かない。ちょうど橋本元大阪府知事が発熱で自宅隔離した後でもあったので、もしや自分も、と疑いを持った。。。こりゃブログ書…

SNS断捨離

コロナ感染拡大による非常事態宣言が出されることが決まったようです。ここからの一ヶ月は、自分にも、家族にも、国家にも本当に大事な期間となります。いまはいたずらに情報に左右されることなく、目の前の生活を守っていくことが最優先とすべきです。そこ…

ぬか喜びではないぞ

無印良品のぬか床がいい。もともと漬け物が好きなのだが、なかでもぬか漬けには目が無いのだ。何年か前に、一念発起してぬか漬けセットを購入し、毎日かきまぜた。が、最初は良かったのだが、途中で水分グダグダになり、まずいのなんの。やめてしまうという…

ガープならいま

前にも書いたと思うけれど、コロナ感染という状況になってあらためて、ガープのことを思い出すので書いてしまおう。僕はジョン・アーヴィングの本が好きなのだが、なかでも「ガープの世界」への思い入れが強い。学生の頃に本を読み、その面白さにのめり込ん…

自力タイムカプセル

巣ごもりにつき、いろいろ溜めておいた本を読み漁っている。で、ふと以前買っておいた古本を思い出した。CM音楽界では知らない人はいない、作詞家・伊藤アキラさんの本だ。発行は1975年、昭和50年の本だ。1975年当時のヒットを分析した本を、2020年に初めて…

朝の大!

これほど自分の身体の調子を気にする日々って、人生初だろう。風邪っぽくないか。味はするか。臭いはするか。熱は無いか。敵が目に見えないだけに、自分の状態で判断せざるを得ないからやっかいだ。あまり神経質になってもいけないと思うのだが、しばらくは…

旅へ出よう

連日のコロナ関連報道に、さすがに嫌気がさしてきた。国家の、そして家族の危機であることは間違いないのだが、ふと、この現実から逃避したくもなる。手っ取り早いのが、僕の場合は本だ。しかも「旅」の本。るるぶ、とかではないよ。ロードムービーのような…

敬語は、遅い。

首相や知事の緊急記者会見を見るたびにイライラする。結論がなかなか出てこないし、無駄な形容詞や副詞が多すぎるのだ。そして最悪なのが、具体案がほとんど出てこないところ。テレビを見ながら、「それはもう分かってるっつうの。熱意も努力も、もういいか…

カレーなる日々

昨日は僕と娘のリクエストで夕食はカレーだった。いわゆる普通のカレー。タイカレー好きのカミさんなので、ちゃんと「普通のカレー」と伝えておかないとタイカレーを作ってしまうのだ。いや、タイカレーも美味しいですよ。でも、普通のカレーが一番好きだ。…

パット・メセニーという旅

昨日の深夜、NHK BSプレミアムでパット・メセニーの2019年ライブが放送された。早寝の僕はもちろん録画予約をした。いつもは最低画質で録画してるけれど、パットは最高画質だ(笑)。コロナ騒動でライブに行けない我々へのプレゼントなのかなあ。雪の降る静か…

ミーが教えてくれる

巣ごもりな週末。暇を持て余した娘が、たまねぎにいたずら書きをした。親ばかだが、なかなかアイデアがあるなと思った。ミーの髪の部分の配色がいいし、視線の向きもナイスだ。玉の傾きも良い感じで、ミーのシニカルなところが出ている。食べれるなら食べて…

言葉の看板たち

職業柄グラフィックが好きなのだが、なかでもタイポグラフィやロゴデザインへの興味が尽きない。関心の中心は、アルファベットだ。日本語や漢字、かな、も嫌いではないが、デザインとなるとアルファベットの美しさにはかなわない気がする。文字や配列だけ見…

カルダーで癒すのだ

昨日ブログに書いたプチ・リトリートするために、久しぶりの画集を眺めることにした。ちょっと前にブランクーシのことを書いたが、今日はアレクサンダー・カルダーにしよう。アメリカ生まれの彫刻家。かわいらしいモビールで有名で、MOMAやグッゲンハイムで…

プチ・リトリート?

元マイクロソフト日本社長の成毛眞さんのコメントで「リトリート」という言葉を知った。ウィキペディアによると、退却や後退、隠居、避難などの意味らしい。転じて、仕事や家庭などの日常生活から離れて、自分だけの時間や人間関係にひたる場所などをさす」…